イタリア人は薄毛が多いってホント?!

まず先に答えをお教えしましょう♪ はい、ホントです! 相対的にアジア諸国の男性よりも、欧米諸国の男性の方が薄毛の傾向が強いのは確かです。ただし、イタリア人だけに薄毛が多いのではなく、欧米諸国が全般に多いようです。こちらのアデランスの調査による世界の薄毛ランキングを参照すると、1位がチェコスロバキア、2位スペイン、3位ドイツ、4位フランス、5位イギリス、6位アメリカ。そして、イタリアは7位…。

出典:薄毛はどの国に多い? 世界毛髪マップ

日本は? と言うと14位でした。しかし、よくよくデータを見ると4位から7位まではすべて39%台でその差は小数点以下。1位から3位とわずか2~3%しか違いません。上位すべてが欧米諸国です。一方、14位の日本以降はすべてアジア諸国です。20位の韓国まで26%~22%と欧米諸国よりも10数パーセント低い数字になっています。

イタリア人は髪の毛を洗わないから説

しかし、イタリア人に薄毛が多いと言う話は巷で通説となっています。実際のところ日本人と比べるとイタリア人に薄毛が多いのは確かなようですが、その要因はいったい何なのでしょう? それを紐解くことによって、逆に薄毛を予防する攻略が立てられるかも知れません。…で、ネットを色々検索していて、こんな話を見つけました。

イタリア人は髪を洗わない

ホントでしょうか? 調べてみるとあらビックリ Σ(゚Д゚) イタリア人は毎日髪を洗わない人がほとんどで、概ね1週間に2~3回しか髪を洗わないそうです。「イタリア人は髪を洗わないから、皮脂が毛穴に詰まって髪の毛の成長を妨げる。だから薄毛が多い」という説です。

日本人はどうでしょう? 髪の毛の長い女性は別かも知れませんが、男性は一般的に毎日洗いますよね? 少なくとも私は毎日洗います。朝シャンはもちろん、夜もシャンプーします。毎日ほぼ2回。これは薄毛に何か影響するのでしょうか?

・髪を洗わないと薄毛になるのか?

実際のところ、これはあまり根拠がないようです。イタリア人が髪の毛を毎日洗わない理由は、洗い過ぎて皮脂を強引に取り除くとむしろ髪の毛に良くないから…と言うのが主な理由です。確かにそれは一理あり、髪の毛を洗い過ぎることによって頭皮を保護している皮脂膜が破れ、頭皮にダメージを与えかえって髪の毛に良くない場合もあるようです。

イタリア人はプレイボーイだから説

イタリア人男性のプレイボ―イ振りは有名ですね。「オギャーと生まれたときからプレイボーイ。女性と目が合えば片っ端から口説く」と言うのは…確かに事実のようです(笑) イタリア人男性のDNAがそうさせるのは、男性ホルモンが多いから…と言うのがこの説の根拠となっています。プレーボーイ=男性ホルモンが多い=精力絶倫=薄毛。こんな漠然としたイメージが昔からありますが、はたして本当でしょうか?

半分は嘘。半分は本当。

男性ホルモンのひとつテストステロンが男性的な体を作ったり精力の源とされていますが、このテストステロンが多いからと言って薄毛になる! と言うのは嘘です。AGAの原因の一つとされているのは、テストステロンとは別の男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)の影響…とされています。

このジヒドロテストステロン(DHT)こそが髪の毛にとっての悪玉男性ホルモン。そもそもテストステロンがある特定の酵素と結びついて生成されたものなのです。その酵素とは「5α-リダクターゼ(5α-還元酵素)」と呼ばれるもので、この5α-リダクターゼの分泌量は遺伝的に受け継がれると言われています。

イタリア人男性の場合、アジア諸国の男性に比べテストステロンが多いとともに、遺伝的にこの5α-リダクターゼの分泌量が多いことが推測されます。しかし、イタリア人だけがそうと言う訳ではなく、欧米諸国の男性が全体的にその傾向が強いようです。

イタリア人は薄毛の方がモテるから説

実はこの説が個人的に最も有力な気がします。欧米では、と言うより特にイタリアでは、薄毛にマイナスのイメージが少ないのです。前項にもあるように、薄毛=精力絶倫のイメージがあります。女性から見るとフサフサの髪の男性よりも、薄毛の男性の方がセクシー(性的な魅力がある)と言う訳です。

イタリア人男性にとってみれば、男として生きていることすべてが女性のため。モテるのであれば薄毛を隠すことなどありません。むしろ「男」としてのアピールポイントになる訳です。女性にモテるためにカツラを着けたり、薄毛治療をしたり…と言った理由がそもそもありません。逆に、セクシー度を高めるためより薄毛が目立つヘアースタイルにしたりして…。

よって、堂々とセックス・アピール(=薄毛アピール)をするイタリア男性が目立ち、「イタリア人は薄毛が多い」と言う通説が生まれたのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です