髭の濃い男性は薄毛になるってウソ?ホント?

昔から良く言われていることですが 「髭の濃い男性は薄毛になる」 って、何かちゃんとした根拠があるのでしょうか? あくまでも私の周りの友人・知人の話ですが、 確かに髭の濃い方は大変失礼ながら髪の毛が薄い方が多いように思います。これって単なる都市伝説なのでしょうか? それとも根拠のある事実なのでしょうか?

AGAの原因となる5αリダクターゼは…

Ⅰ型とⅡ型があり、 AGAの原因となる悪玉男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)へ変換されやすいのはⅡ型の5αリダクターゼです。AGAは、前頭部と頭頂部が薄毛になりやすいという特徴があります。これは、Ⅱ型の5αリダクターゼが前頭部や頭頂部に多く分布していることが理由です。

5αリダクターゼ Ⅰ型…体全体に広く分布し、頭部では後頭部と側頭部に多く分布します
5αリダクターゼ Ⅱ型…主に前頭部と頭頂部、そして顎・脇・陰部などに分布しています

この Ⅱ型の5αリダクターゼ は、実は頭皮にだけではなく、髭・脇毛・陰毛といった毛の毛乳頭細胞に多く存在しているんです。

髪の毛と髭・脇毛・陰毛では逆の反応が働く?!

同じⅡ型の5αリダクターゼなのですが、頭皮の前頭部と頭頂部では脱毛・薄毛を引き起こしますが、顎・脇・陰部では全く逆の発毛作用が強く働きます。つまり、体質的に5αリダクターゼが多く活性度が高い男性は、髭が濃いという特徴を持ち、同時にAGAを発症しやすいと言うことになります。

このことから、「髭の濃い男性は薄毛になる」は一定の根拠があると言えます。また、この正反対に「髭の薄い男性は薄毛にならない」と言う説も成り立つでしょう。実際、私は髭が薄い代わりに髪の毛はフサフサです。もちろん薄毛の原因はAGAだけではありません。「髭が濃いのに髪の毛はフサフサ」「髭が薄いけど髪の毛も薄い」と言う方もいるでしょう。しかし、AGAに関して言うならば「髭の濃い男性」は注意が必要なのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です