もしかしてAGA?!注意したい4つのサイン

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」と呼ばれるものです。日本人男性の約3分の1はAGAだと言われています。AGAは中高年だけのものではなく若くても発症します。一旦進行してしまうと、AGA治療を行っても回復には時間を要します。しかし、早めに対策することでAGAの進行を食い止めることが出来ます。そのためにはご自身がAGAなのかどうか、早めに見極めることはとても大切になってきます。

もしかしてAGA?!サインその①抜け毛が増える…

髪の毛が健康な状態でも抜け毛はあります。50~100本程度は毎日抜け毛があるのが普通だと言えます。しかし、100~200本と抜け毛がある場合は注意が必要です。一時的ではなく長期に渡って多く抜ける場合はAGAの可能性があります。

もしかしてAGA?!サインその②細くハリがない…

普通の抜け毛とAGAによる抜け毛の違いは、太さとハリです。以前と比べて細くハリのない髪の毛が多く抜けるようになったとしたら、それはAGAかも知れません。また、十分成長する前に抜けてしまうので短い抜け毛は要注意です。

もしかしてAGA?!サインその③特定の部分が薄くなる…

AGAの場合特定の部分が薄くなります。薄くなるパターンは「U字型」「M字型」「O字型」の3つ。前頭部の生え際、そして頭頂部が薄くなります。逆に側頭部や後頭部は薄くなりません。

もしかしてAGA?!サインその④頭皮が脂っぽい…

AGAの原因である男性ホルモン・ジヒドロテストステロン(DHT)は、皮脂腺を刺激するため皮脂の分泌量を増やします。これにより頭皮が脂っぽくなります。また、毛穴が皮脂で塞がれ脂漏性皮膚炎を起こし痒くなったりすることもあります。

上記のサインが2つ以上あったら…それはAGAかも?

若いから大丈夫と過信しては行けません。AGAは早ければ10代から起こりうる症状です。AGA治療の基本な考え方は、まずAGAの進行を食い止めること。ですので、AGAが進行してしまう前に対策するのがより効果的となります。

左 Propecia:1,580฿ / 右上 harifin-1:480฿ / 右下 Firide:620฿

AGA治療にはフィナステリドが一般的に用いられます。その新薬として開発されたのがプロペシア(Propecia)。有名な20年以上の歴史を持つAGA治療薬です。タイでは安価なジェネリックが発売されており、市中の薬局で処方箋なしで入手可能です。当店のお勧めはハリフィン1(harifin-1)。メーカーのT.O. Chemicals (1979) Co.,Ltd.から直接、大量に購入することで低価格を実現しています。店頭では1箱30錠=1カ月分が480฿(日本円で約1,680円)。日本でこのブログをご覧の方は、当店と提携する個人輸入代行サイト「健康EMS」で下記の4箱セットの場合8,816円(税込・送料込み)でお求め頂けます。1カ月当たり2,200円程度と、日本のAGA専門医から処方されるよりも圧倒的にお安くなるのが嬉しいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です